個人事業主でもお金を借りられるキャッシング






個人事業主でもお金を借りられるキャッシング

大きな夢を抱いて事業を立ち上げた個人事業主。
しかし、流行や情勢の影響で安定した収入を得るのはなかなか難しいもの。
そんなときにキャッシングで一時的に融資を受けることができれば助かるものですが、その不安定な収入ゆえ、なかなか審査に通りにくいという側面があります。

本当に必要としているときに融資を受けられないのは死活問題。
その融資があれば仕入れなどがまわり、経営を軌道にのせられる場合だってあるでしょう。
そんな状況を考慮して、個人事業主向けのキャッシングプランを提供しているキャッシング会社が増えてきました。
しかしなかには弱みに付け込む悪徳なキャッシング会社もあり、法外な金利を請求してきたり土地や店舗を奪い取ったりすることがあります。
どんなに窮地に立たされていても、しっかりと見極めてキャッシング会社を選ぶようにしましょう。

安心して申込みができるのは、やはり知名度が高く大手銀行グループのキャッシングサービスのアコムやプロミス。
アコムでは「ビジネスサポートカードローン」として、最高300万円までに融資を行っています。
申込みや手続きは店頭窓口か無人契約機からとなりますが、審査結果次第では総量規制を超えた額の融資を受けることもできます。
担保や保証人は必要なく、本人確認書類と直近の確定申告書の写し、100万円を超える場合は直近の青色申告決算書の写しか収支内訳書といった書類のみで、金利も12%~18%と、上限金利は通常のキャッシングプランと変わりません。
カードを受け取ったすぐから利用できるので、最短で即日の融資も可能となっています。

プロミスには「自営者カードローン」があり、事業資金のみでなくプライベートな利用も可能で最高300万円まで融資をしてくれます。
必要書類は本人確認書類と収入証明書、そのほか有効期限内の営業許可証など事業を疎明する書類だけで、やはり担保や保証人は必要ありません。
店頭窓口や無人契約機、フリーコールからの申込みで、こちらも最短で即日の融資が可能となっています。

申込み前には必要書類を確認してきっちり揃えておきましょう。
そのときに、赤字経営がないか、きちんと確定申告をおこなっているか、ある程度の年収があるかを改めて確認しましょう。
これらは個人事業主向けキャッシングの審査で重要になる部分で、このほか店舗に固定電話があるかなども大きく関わってきます。
また、数社に渡ってキャッシングを利用している場合も審査に影響しますので、多くても3社以内の利用に抑えましょう。
どうしても心配な場合には、公式ホームページにある簡易審査が便利です。
個人を特定する項目もなく、かんたんな内容を入力するだけで数秒で融資可能かどうかを判断してくれます。
本審査ほどの確実性はありませんが、申込み前に目安が分かります。

各社それぞれに特色があるので、自身の経営状況や返済プランなどから無理なく利用できるキャシング会社を選びましょう。