キャッシングについて基本を知ろう






キャッシングについて基本を知ろう

クレジットカードに付随する機能として「キャッシング」に聞き覚えがある方も多いでしょう。
しかしクレジットとの違いや使い方がいまいち分からないという方も多いようです。

キャッシングとは、一言でいえば金融会社からお金を借りること。
クレジットカードに付随しているものだけでなく、CMなどでもみかけるキャッシング商品を提供している金融会社から借入れることもキャッシングになります。
申込み後、返済能力の判断や融資上限額などを決める審査を受け、審査に通過できれば範囲内の金額を融資してくれます。
借入れた金額は金利と呼ばれる利率で算出された利息をつけて、月々小額ずつに分けて返済していきます。

融資額は総量規制といって年収の3分の1以上は借りられないことが法律で決まっているので、他社で既に借入れがある場合は年収の3分の1の額から他社借入れ残債を引いた額だけ融資を受けることができます。
大手の金融会社では、そのほかにも年齢制限や毎月の安定した定期収入などを申込み基準としていますが、雇用形態に特に決まりはないところがほとんどなので、学生や主婦でも条件を満たせば申込みが可能となっています。
保証人や担保を用意する必要もなく、利用目的も決められていないので、生活費の補填や趣味やレジャーなど、借入れたお金は自由に使うことができます。
また、適用される金利は法律で定められた範囲内なので、最高金利の適用でも1日に換算すれば数十円~数百円ほど。
(借入れた金額によって異なります)
金融会社によっては一定期間利息が無料になるなどのサービスもあるため、上手に利用すれば時間外に自分の口座からお金を引き出すより安く便利に活用することもできるのです。

また、ほとんどの金融会社は限度額内で好きな額を自由に出し入れでき、分割で返済するカードローン方式を用いています。
引き出した金額にだけ利息がかかるので、必要額だけをその都度引き出して使えば、金利も安く済ませることができます。
急な出費であと少し足りない時なども、足りない分だけ近くのATMなどから引き出せるので慌てる心配がありません。
ATMは全国にあり、コンビニや銀行などと提携していることも多いので、旅先での引出しや返済にも便利。
そのほか、インターネットを通じてパソコンやスマホから借入れ・返済することもできます。
他人に知られる心配もなく、必要なときにすぐ用立てることができ、安全で安心と定評の大手金融会社のキャッシングは、10人に1人といわれているほど多くの方が利用しています。