キャッシングの審査に手間取らないためのチェックポイント






キャッシングの審査に手間取らないためのチェックポイント

キャッシングで借入れをしたいとき、避けては通れないのが審査。
審査に通らなければ融資を受けることはできませんし、審査に手間取れば時間がかかり、その分融資までの時間も長くなってしまいます。
できることなら、スピーディーに終わらせたいものですね。

審査は自分の労働状況や他社での借入れ状況、過去の実績などから、返済能力があるか、いくらまで融資が可能かなどを総合的に判断する大切な工程です。
各社独自の基準があり一人ひとり状況も異なるため、審査を絶対に通過できる方法などは存在しませんが、申込み時に注意するポイントを踏まえれば、審査時間を短縮することができます。

まず借入れに関して忘れてはいけないのが、総量規制という法律で定められた貸出上限。
これは年収の3分の1以内の金額とされており、住宅ローンや自動車ローンなど一部のローンを除いた他社での借入額も合わせて計算されます。
そのため、年収300万円のひとなら100万円まで融資が可能ですが、他社で20万円の借入れがあった場合は80万円までしか借入れができないということになります。
また、たとえ100万円まで融資が可能であっても、はじめての利用時にはキャッシング会社とのあいだに信頼関係が築けていないので、満額の融資が受けられない場合もあります。
総量規制の範囲内で申請することが大前提になりますが、必要最低限の金額を申請したほうが審査に通りやすく、また、審査時間も短く済ませやすい傾向にあるようです。

次にチェックするポイントは他社での借入れ。
キャッシング会社での利用履歴や信用情報などは、信用情報機関で管理されており、過去に他社で行った借入れと返済に延滞などがなかったか、現在何社からいくらの融資を受けているかなど、必ず問い合わせて確認されます。
そのため、過去に延滞などの事故情報があると、審査に通りにくくなります。
また、どこかで融資が受けられれば・・・と同時に何社へも申請したくなりますが、これも信用問題に関わるので、避けたほうが無難です。
どんなに急ぎであっても、一社の結果を待ってからほかに申請しましょう。
現在他社で借入れがある場合は、少しでも返済して残債を減らしておくのもオススメです。

最後にとっても基本的なことですが、申請する自分の情報は正直に入力すること。
年収や他社での借入れなど、嘘を書けば当然信頼は得られません。
また、たとえ入力ミスでも記載された番号に電話が繋がらないなどの事態が起これば、確認に時間もかかる上、嘘の申告と受け取られてしまいかねません。
送信前に、もう一度よく確認しましょうね。