キャッシングで困らないための注意点






キャッシングで困らないための注意点

突然襲いかかってくるお金のピンチ。
そんなときに心強い味方になってくれるキャッシングですが、使い方を間違えれば更なるピンチに追い込まれてしまうこともあります。
安心してキャッシングを利用するための注意点がいくつかあるので、常に意識しながら安全な活用を心がけましょう。

まず忘れてはいけないのが、キャッシングの融資は「借りているお金である」こと。
困窮しているときに必要以上のお金を手にすると、つい気持ちも大きくなり、無駄な出費をしてしまいかねません。
しかし、そのお金は借りているお金。あなたのお金ではないのです。
借りている以上、返さなければなりません。
返済のときになって困ることがないように、公式ホームページにある返済シミュレーションなどを利用して返済計画を立て、返せる範囲の金額で融資を受けるようにしましょう。

また、借入れ先はできる限り1社のみにすること。
返済に困り他社で契約・・・などはよく聞く話ですが、その場をしのぐだけで借金自体が減っているわけではありません。
借入先のキャッシング会社が増えるほど借入れ総額の把握ができなくなったり、利息が高くなったりと、自分で自分の借入れを管理できなくなり、かえってピンチを招く場合もあります。
返済日が異なればひと月に何度も返済に追われる感覚にもなり、心が休まる間もなくなってしまいますよね。
1社で堅実に返済を重ねていけば信用度も高くなり、融資枠の増額や金利の減率などができるようになっていきます。
数社に渡って借入れがあると信頼度にも影響し、そのような待遇も受けられなくなってしまったり、後々まで信用度に響いてしまったりしてしまいます。
たとえば同じ30万円の借入れがあったとしても、3社から10万円ずつ借入れているひとと1社から30万円借入れているひとでは、1社で10万円までしか融資が受けられないひとより、1社で30万円の融資が受けられるひとのほうが、信頼度が高いと判別されると考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

キャッシングを利用する前に自分のマネーライフをもう一度よく見直し、「いくら借りられるか」よりも「いくら返せるか」を念頭に置いて計画を立てましょう。
また、返済時にかかる利息や毎月の返済額をよく確認し、自分の返済能力でまかなえる範囲で上手に利用することをオススメします。