キャッシングの利用限度額! 意外と知らないアレコレ






キャッシングの利用限度額! 意外と知らないアレコレ

キャシング会社では、それぞれに「最高○百万円まで」などの融資限度額が設定されています。
しかしこれは、すべてのひとがその金額まで融資を受けられるということではありません。

キャッシングには総量規制といってひとりのひとが借りられる利用限度額が法律で決まっています。
これは借りすぎによる返済の困窮を防ぐことが目的で、年収の3分の1以内の額となっています。
住宅ローンや自動車ローンなど一部の目的別ローンを除いた他社での借入額も含めて計算されるため、例えば年収が300万円のひとなら100万円まで融資が可能となり、他社で20万円の借入れがある場合は80万円まで借り入れができるといった感じです。

しかしはじめてキャッシングを利用する際、他社での借入れがなくても最初から満額の融資が受けられるとは限りません。
友人間でお金の貸し借りをするときと同じで、キャッシング会社と借り手とのあいだに信頼関係がなければ、ちゃんと返済してくれるひとかどうかは分かりませんよね。
そのため、審査を通していくらまで借入れができるかという「利用限度額」が決められます。
これは職業や勤続年数、過去の返済記録などから返済能力を総合的に判断して、キャッシング会社側が設定します。
このときに総量規制で決められた借入れ可能額の満額が設定されていなくても、返済実績などを踏まえて徐々に限度額を引き上げていくことができるので、信頼度が上がるほどに満額に近い融資が受けられるようになっていきます。
最初の申込みで、いきなり満額を申請するより必要最低限の小額で申請したほうが審査がスムーズなのも、このような理由からです。

信頼関係が築かれて利用限度額が満額に達しても、全額を一括で融資されるわけではありません。
大手のキャッシング会社では利用限度額内で必要な金額だけを借入れて、その額に対してだけ利息が発生するカードローンの方式が多いため、満額に対してよりも低い利息で借入れることができます。
例えば30万円の利用限度額でも5万円だけ借入れれば、返済時にかかる利息は5万円に対してのみ。
また、5万円で足りないときには残りの25万円までのなかで必要な額だけを追加で自由に引き出すことができます。
普段は小額しか借りなくても、海外旅行や入院などで大きな出費が必要になった場合に備え、高めの利用限度額で設定しておくと安心ですね。