キャッシングの便利なオンライン申込み時の必要書類






キャッシングの便利なオンライン申込み時の必要書類

お金を借りるというと、担保や保証人が必要だったり、収入を証明するものなどが必要だったり、手続きもものすごく大変そうなイメージがありますよね。
実際に家や自動車を購入するときに経験している人もいるでしょう。
そのようなローンと違い、キャッシング会社の個人向け小額融資では担保や保証人を用意する必要がありません。
利用目的も決められていないので、生活費の補填や趣味のものの購入など自由な使い道で利用することができます。
そのため、今では多くのひとがキャッシングを活用しながら充実したマネーライフを過ごしています。

キャッシングの申込み方法はいくつかありますが、今いちばん人気なのがオンラインからの申込み。
パソコンやスマホなどインターネット環境さえあれば24時間いつでも申込むことができ、店頭窓口や無人契約機へ一度も出向くことなく融資が受けられるので、誰にも知られたくないひとや忙しくて時間の取れないひとでも、空いた時間でかんたんに申込むことができます。

オンライン申込みで必要となる書類は、有効期限内の「運転免許証」などの本人確認書類のみ。
免許証の交付を受けていない場合は、「健康保険証」か「パスポート」になります。
ただし、借入額が50万円を超える場合、または他社の借入れを含めたら100万円を超える場合には、「確定申告書」や「源泉徴収票」、「直近の給与明細書」などが必要となるので、該当しそうな場合にはあらかじめ用意しておくと手続きがスムーズです。

外国籍の場合は「在留カード」か「特別永住者証明書」、法令で有効とみなされる期間であれば「外国人登録証明書」のいずれかを、本人確認書類と合わせて提出する必要があります。
また、本人確認書類に記載された自宅の住所が現在の住所と異なる場合は、発行から6ヶ月以内の「住民票の写し」や「公共料金の領収書」、「社会保険料や国税・地方税の領収書」などもいずれか1点必要となります。
オンライン申込みの前に、本人確認書類の住所変更を行っておいた方がいいでしょう。

これらの必要書類は、通常店頭窓口に出向くか郵送で提出する必要があるのですが、オンライン申込みの場合はスキャナーやカメラ機能でデータ化した画像をメールで送るだけ。
出向く手間もなく、郵送にかかる時間も短縮できるので、融資までの時間を短縮することができます。