借金があってもクレジットが作れる?

借金まみれになる人たちは果たしてクレジットカードは作ることが出来ないのでしょうか?

実際に、クレジットカードとはキャッシュカードとは違うものだと認識している人たちもいらっしゃるようです。
そして、クレジットカードならまだ大丈夫と思う人たちもいるようです。
しかし、残念ながら個人信用情報機関において申込み者の信用情報を照会します。
だから、基本、キャッシングの情報は全部把握してクレジットカード会社も貸し出ししていいのかの判断をします。
そして、実際にクレジットカードの審査に大きくキャッシュカードの利用具合が審査基準の対象となります。
以前キャッシングを延滞した経験がある場合、基本的5年間その情報は消えないですから、クレジットカードで審査通過すると思っても通過出来ないケースはいくらでもあるのです。

クレジットカードもキャッシングも基本は同じです。
企業がみなさんに問うているのは支払い能力です。
そして、もうそんなにキャッシングをしているならクレジットカードを利用しても支払い出来ないという判断です。
しかし、既にクレジットカードを所持しているなら・・・。
おすすめはしませんが、キャッシングはストップしていても、クレジットカードのショッピングはまだまだ利用出来るケースもあるのです。

クレジットカードとキャッシュカードには多少ズレた考えがあります。
ここがちょっと社会的にも問題になっているようですが。
今、クレジットカードで現金化も大きな社会問題となっているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ