借金と結婚・妊娠

結婚・妊娠する前に、借金を整理しておきたいものです。
結婚には借金を持ち込まないのが基本です。
奨学金などもローンに分類されるため、なるべく完済してから結婚したほうがいいのです。
借金があるということは、収入が減るということです。
高額収入があれば、楽をした生活ができると誰もが思うでしょうが、借金があれば話は別でしょう。
借金問題を隠したまま結婚すると、あとあとトラブルの原因となります。

妊娠すると、さらにお金がかかるようになります。
共働きができなくなるため、夫の負担はより増えるでしょう。
この時期に大きな借金があると、家計を相当に圧迫します。

家計の3分の1を占めるのは教育費なのです。
給与の3分の1は教育費で飛んでしまうほど高額です。
それゆえ、なるべく早くから貯金をしておくべきなのです。

借金があると、思うように貯金ができなくなります。
貯金をするお金があるならば、返済に回そうと考えるでしょう。

高額な借金を抱えている方は、結婚前に整理したいものです。
弁護士や司法書士に相談して、債務整理で処理するといいです。
任意整理、個人再生でほとんどの借金は処理できます。
債務整理の事実については、パートナーに話しておいたほうがいいのは確かです。
債務整理をすると5年程度ローンを組めなくなりますので、万が一自分名義でローンを組む場合に困るからです。
結婚してしまえば、借金問題は自分だけでなく、家族全員の問題となってしまうのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ