借金と自殺

借金で自殺する方は、債務整理についてほとんど知りません。
弁護士に債務整理の依頼をすると、「こんな簡単に借金問題を解決できるのか」とおどろかれる方は多いです。
しかし、世の中には自己破産に関する知識のない方もおり、「とにかく返済しないと解決しない」と思われているようです。

弁護士に言わせれば、借金問題の解決は容易だそうです。
税金・公共料金などは債務整理で処理できませんが、通常の借金ならばすべて整理できます。
借金で自殺した方には、多額の過払い金を残したまま亡くなってしまう方も多いのです。
過払い金返還請求をすれば、数百万円が戻ってくるとしたらどうでしょう?
借金苦で自殺などするはずはないでしょう。

個人再生や自己破産は、債権者が同意をしてくれなくても、一方的に借金の処理ができる方法です。
任意整理に関しては同意が必要ですが、債務整理後の返済計画をしっかりと立てておけば、同意してくれる可能性が高いのです。

借金で自殺する方は、多重債務に陥っている可能性が高いです。
お金を借りてお金を返済する状態にあり、借金が雪だるま式に増えていくのです。
返済するために借りたお金にも利息がつくことを忘れてはいけません。
借入先を増やすほど利息も増え、各社への支払いはより大変になります。

借入額が大きすぎて、おまとめ・一本化などの方法で対処できない場合は、弁護士に依頼して債務整理するべきでしょう。
債務整理を避けたがる債務者は多いですが、結果的にお世話になるケースは少なくありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ