借金の踏み倒し、信用情報

借金を踏み倒しすると、信用情報に事故情報(ブラックリスト)として登録されます。
返済しない状態が続いていれば、ずっと事故情報として記載されてしまうでしょう。
借金を利用して、逃げ得するのは非常に難しいです。
返済していないという罪悪感があると、いつ取立てにくるかわからない恐怖があるでしょう。
そのほか、裁判沙汰になったり、引越し先を探されたり。
借金から逃げるのは大変なことなのです。

借金の踏み倒しをするくらいなら、弁護士に依頼して債務整理をするべきでしょう。
法的に処理するのが最も安心です。
取立ては完全に止まりますので、生活の不安は大幅に解消するでしょう。
借金が大きくても、自己破産をすればすべて解消することができます。

債務整理後はブラックに登録されますが、その期間は5年を超えない範囲です。
債務整理から5年経過すれば、カード類の契約ができるわけです。

借金で逃げ得した方はほとんどいません。
逃げ続けるのは相当なプレッシャーであり、途中で精神的に病んでしまいます。
借金は法的に解決するのが一番安心なのです。

逃げ続けて債権者に見つかった場合、今まで滞納した分の利息を一括で支払うように要求してくるでしょう。
借金を放置しておくと、利息がどんどん膨らんでいくのです。
通常の利息のほかに遅延損害金も発生しますので、信じられないくらいの高額になるでしょう。
借金から逃げ続ける方法はリスクが大きく、効率的とは言えません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ