借金の踏み倒し、個人

借金の踏み倒しをされる方は、個人(独身者)が多いです。
家族に迷惑がかからないという考えからでしょう。
しかし、親・兄弟などの連絡先を債権者が知っていると、迷惑をかけることになります。
借金をして逃げていることもバレてしまうでしょう。

最初は業者側も、借金のことがバレないように配慮してくれます。
会社名ではなく、個人名で電話をかけてくるのが普通です。
しかし、返済の意思がないとわかると態度を変えてきますので、親・兄弟に借金のことがバレてしまうこともあるでしょう。

借金の整理には、法的に処理する債務整理という方法が用意されています。
自力返済が無理で、債務整理もせずに、踏み倒しをしようという考えは通用しません。
弁護士に相談すれば、具体的な方法についてアドバイスしてくれます。
いろいろな方法がありますので、現在の返済状況、収入、住宅ローンの有無なども考慮して決めていきましょう。

自己破産をすれば、元金・利息がすべてゼロになります。
任意整理の場合も利息はゼロになりますので、逃げ続けて利息が増えている状態ならば相当な効果が期待できるでしょう。
ただし、債権者側が同意してくれない可能性は高いです。
逃げ回って踏み倒しをしようとした相手に対して、和解に応じようとは思わないでしょう。
このような場合は、債権者の意思に関係なく整理できる自己破産、個人再生を選ぶことになるでしょう。
裁判所を通す方法なので、債権者の同意を得る必要はないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ