借金の踏み倒し、夜逃げ

借金を踏み倒しするために夜逃げするのは得策とは言えません。
夜逃げをするためには引越し費用がかかるのです。
さらに住み慣れた家を離れることになってしまいます。
夜逃げするお金があるならば、弁護士に相談して債務整理をするべきです。

債務整理の費用は非常に高いと思われている方が多いです。
弁護士という専門家に依頼するのですから、安くないのは事実です。
しかし、法外に高いものではなく、報酬を支払う以上に、借金を減額できるメリットは大きいです。
成功報酬20%の場合、借金100万円の減額に対して、報酬20万円を支払う必要があります。
200万円の減額をすれば、40万円が報酬となるのです。
弁護士報酬よりも借金の減額のほうが大きいため、確実にメリットを期待できます。

夜逃げという方法は効率的とは言えません。
絶対に見つからないという保証はないでしょうし、見つかった場合に請求される金額は膨大です。
元金・利息・遅延損害金のいずれも支払わずに放置すれば、自力返済ができないほどの借金に膨れ上がるはずです。
返済できないほど高額な借金は、債務整理で処理していくしかありません。

債務整理を始めると、強引な取立てがピタリと止まります。
業者から電話がかかってこなくなるため、取立ての苦痛に悩まされることもなくなります。
借金問題で一番つらいのは取立ての問題でしょう。
取立てから開放されるだけでも、弁護士に債務整理を依頼するメリットがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ