借金の踏み倒し、時効

借金の踏み倒しは、5年で時効になります。
契約日から5年間支払わないで逃げ回ればいいのです。
逃げ続ければ債務整理の費用をかけずに借金から逃げることができますが、実際にはそう簡単にはいきません。
簡単に逃げられるならば、誰も債務整理など利用しないでしょう。
現実的には1年間逃げるだけでも大変なのです。
取立ては延滞を続けるほどに厳しくなってきますので、家に帰ることもできなくなるでしょう。
あまりに債務が膨らんでしまうと、自宅に取立てにくる可能性もあります。
そうなると、家族全員が迷惑するだけでなく、近所にも借金を支払わないことがバレてしまうでしょう。

夜逃げを検討する方もいますが、この方法もうまくいきません。
借金の踏み倒しは賭けのようなものであり、そう簡単には成功しません。
ビクビクしながら生活するリスクを考えれば、速やかに債務整理したほうが楽だと言えます。

弁護士などの法律家も、踏み倒しの推奨はしていません。
逃げているだけでは根本解決にはならないのです。
事件を起こして、警察から逃げているような状態です。
裁判で無罪を勝ち取らないことには、事件は終わらないでしょう。
借金問題も同様であり、最後まで逃げることは容易ではありません。
そして、意外にも時効の少し前に債権者に見つかってしまうケースが多いのです。
「もう少しで時効だ」と思うためか、気の緩みが出てしまうのでしょう。
借金を根本から解決するには、債務整理をするしか方法はありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ