借金の踏み倒し、金融業者

いちど借金を踏み倒した金融業者では、二度とお金を借りることはできません。
たとえ時効をすぎても、業者のデータには事故情報として残されています。
ブラックリストに登録されると、5年間はローンの利用ができなくなります。
信用情報機関のデータは5年間で消えますが、業者が保管するデータには残っている可能性が高いため、同じ金融業者からお金を借りようとは思わないほうがいいでしょう。

金融業者には取立て専門のスタッフがおります。
普段、丁寧に回答してくれるのは受付のオペレーターです。
返済が滞っていても言葉使いは丁寧ですが、延滞を続けていると取立て専門のチームが対応することになります。
今までのように甘くはなく、取立てでは怒鳴られたり、精神的に追い詰められたりするでしょう。
借金を踏み倒して逃げ続けようとしても、簡単には逃げられるものではありませんので、法的に解決する方法(債務整理)を検討することをおすすめします。

債務整理を依頼するのは、債務整理専属の弁護士です。
弁護士事務所のホームページを見ると、得意分野が掲載されています。
債務整理は金融に関する知識が必須ですから、借金問題に関わったことのない弁護士に依頼してはいけません。
弁護士はプロではありますが、誰に依頼するかによって、債務整理の結果はまるで違ってきます。
過払い金返還の場合ですと、返還額に2倍以上の差が生じることすらあるのです。
たとえ報酬が安くとも、未熟な弁護士に債務整理を任せてはいけません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ