借金の連帯保証人

連帯保証人とは借主本人と全く同じ責任を背負うことなのです。
消費者金融が最初に優先順位つけて本人に電話連絡とってということはモラルのようなものであって、法律的には最初に連帯保証人も方法として有りなのです。

昔からお金の保証人になるなと言います。
そして、お金の貸し借りは友人関係でもあってはならないことだとも言います。
お金とは非常にトラブルを生むものなのです。
当然、連帯保証人にならなければならないケースが私達の世界にはあります。
賃貸マンションなどそうですよね。
連帯保証人にならなければならないケースというものもある訳ですが、しかし、危険なのは連帯保証人というものが、どういうものか詳しく判っていないで簡単にサインしてしまうケースなのです。

連帯保証人の人たちが、保証人のつもりでいるというのも非常によくあるケースなのではないでしょうか。
実際にラジオの人生相談でも頻繁に知り合いの連帯保証人になって借金背負い込んでしまったトラブルが話されているのです。
しかし、実際に連帯保証人は、債務を背負い支払い続けていかなければならないのです。
それが連帯の保証の意味です。
最低レベルで私達日本人は血の繋がりを信用するべきなのではないでしょうか。
血は親族の繋がりで親族の監視網があり、借り入れした人たちも好き勝手なことは出来ないはずです。
しかし、よっぽど仲のいい友だちでも信用出来る相手ではありません。
連帯保証は呉々も注意してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ