借金は内緒

友だちにお金の貸し出しは縁の切れ目と言います。
実際に、他人と言う友だちを裏切らせるためのキッカケとなってしまうのでしょうか。
友だちは他人なのです。
友だちと一心同体なんて思っていると貸し出しした人たちは思わぬとリスク背負うことでしょう。
一方で契約によって成り立つ夫婦の関係がある訳です。
夫婦とは契約上上手に日々話しあって生活していかなければならない存在であり、夫婦こそいわば一心同体なのです。
夫婦では簡単にお金の貸し出しをするという言い方もします。
しかし、実際に夫婦間でそれ程頻繁にお金の貸し借りもないと思いますね。
何故なら契約の中で友だち以上ルーズになる可能性もあるからです。
しかし、一心同体の夫婦は、お金が返って来なかった時に、友だちの場合と違って、あげた認識をもしなければならないのです。
自分が消費した認識です。
しかし、実際に自分が使った訳でもありません。おいしいものを自分が食べた訳でもありませんし、おいしい思いをしたのは夫だけではありませんか。

夫婦だから、実際により友だち以上このお金の貸し借りにシビアなのです。
妻にお金を借りようと思えば、友だち以上シビアではありませんか。
だから、旦那は、妻に内緒で借金をしてしまうのです。
そして、独身以上お金はしっかり妻によって管理され、缶コーヒー一本購入出来ないのです。
部下に一杯奢らなければならない時だってあるでしょうが、妻は一切会社の中のことはノータッチなのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ