借金取り

借金取りの問題はシェークスピアの時代だって健在しているのです。
お金の貸し借りの問題は、お金の誕生とともに切って切り離すことの出来ない存在となったのです。

お金は果たして稼いで得るだけのものなのでしょうか。
お金は、寝て増やすものかもしれません。
お金はもらうものかもしれません。
お金は借り入れするものかもしれません。
お金の概念は正確に言えば一種類ではありません。
そして、お金を借り入れする人たち。
なぜ、お金を返済出来ない人たちが誕生してしまうのでしょうか。

お金を借り入れしてみなさんお金を返済するつもりを持ってしっかり返済して行けば、借金取りなんてこの世に存在する必要は一切ありません。
しかし、確率的に借金を返済出来ない人たちが誕生して、そして借金を取り立てする人たちが誕生します。
この世に借金まみれになる人たちがいて、借金取り立ての人たちが存在しない時代が一瞬だけでもあったと言うのでしょうか。
実際に思わぬ事故が起こって返済出来なくなってしまう人たちもいます。
私達は日頃ニュースを見ている訳ですが、ニュースも事故が一切ない日はありません。物理的に可能だと思っているのですが、やっぱり事故はなくならないのです。
もう一つ、借金を返済しない人たちの中に甘えの存在する人たちがいます。
この甘えも決してこの世の中になくならないものなのでしょうか。
一方で甘えは私達の世界で寛容しているのです。
甘えのない世界はただギスギスしている世界です。
その寛容の甘えの中で必然的に借金まみれになる人たちが誕生するのでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ