借金滞納

借金は滞納して解決することはありません。
「夜逃げすればなんとかなる」なんて言われる方もいますが、貸金業者から簡単に逃げることはできません。
頻繁に踏み倒しをされれば、会社は倒産してしまうでしょう。
踏み倒すことが常習化すれば、みんな借金など払わなくなるでしょう。

借金滞納をしている方には、逃げるだけ逃げてみようと考える方もいるようですが、最後には債務整理をして解決することが多いそうです。
取立てから逃げることは容易ではなく、普通の人には耐えられるものではありません。
貸金業者の取立ては非常に厳しいものであり、納税をほったらかしにしてローン返済を優先する方も多いのです。
法的にはローン返済よりも納税を優先するべきですが、納税の催促よりも、ローンの取立てのほうが厳しいため、そちらを優先してしまうのです。

借金を滞納している時点で、おそらく完済は難しいはずです。
借金をしている方は、決して経済的には余裕がないはずです。
滞納をすれば、数ヶ月分をまとめて返済しないと、返済サイクルを正常に戻すことはできません。
しかし、滞納した分を取り戻すことは、非常に大変なことなのです。

滞納をして債権者から一括請求を求める書面がきた場合は、すぐに弁護士に相談してください。
この状態では、もはや自力での借金返済は無理なので、弁護士に債務整理の手続きを依頼して解決してください。
債務整理をしないと、最終的に強制執行によって財産を処分されてしまいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ