借金返済

借金返済は計画的に行いましょう。
漠然と返済していても、なかなか減らないものなのです。
毎月定額返済をしていると、どんどん借金が減っていくように錯覚するはずですが、実はほとんど減っていないことも少なくないのです。
リボ払いはその典型例であり、毎月5,000円や10,000円の定額返済をしていくので、返済した分だけ借金が減っている感覚になります。
しかし、ほとんどは利息で相殺されていて、元金はそのまま残っているケースも多いのです。

借り入れ明細を見るときは、元金充足額をチェックしておきたいものです。
元金に対してどの程度充足しているのか表したものであり、この金額が実質的な返済額だと思っていいでしょう。
例えば、10,000円返済して元金充足額が500円ならば、500円しか借金が減っていないことを意味するのです。
利息はどんなに支払っても、元金には影響しません。
元金を減らさないことには借金は永遠に終わらないのです。

元金充足額については、返済したときに必ずチェックするといいでしょう。
10,000円返済をして、元金充足額が500円ならば、10,000円の元金を減らすためには19,500円近く返済しないといけないのです。
つまり、約20,000円の返済をして、ようやく借金を10,000円減らせるというわけです。

月々の返済額は少ないほど楽ですが、返済期間が伸びるというデメリットを忘れてはいけません。
1つのメリットを選ぶと、1つのデメリットが生じてしまうのが返済なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ