身内の借金が発覚したら

身内の借金が発覚したら・・・。

身内の借金が発覚して、身内がにっちもさっちも行かない状態であれば、身内は果たしてそういう身内に対してお金を援助していあげることが正しいスタイルなのでしょうか。
実際に、みなさん、お金は貸し借りしてはいけないと言うのです。
そして、お金を貸し出ししないスタイルが正しいスタイルとして平然と大丈夫か・・・?
なんて聞く訳ですが、そんなの身内がいざという時に頼りになる人たちと言うことが出来るのでしょうか。

頼りになる存在であるためには、身内の為に一緒に苦しむことなのかもしれません。ならば、身内のためにお金を貸して、貸した本人も同じように督促に苦しむのが信頼しあっている表現の方法かもしれません。
しかし、実際にそこまでする人たちはいません。
身内のつきあいだって冷めたものです。

親戚は血の繋がりあった特別の関係と思うかもしれませんが、一体いざと言う時に親戚が何をしてくれると言うのでしょうか。
現金の問題は現金の問題でしか解決できないと思っているのです。
しかし、実際にそうでしょうか。
具体的にお金の貸し借りだけでなく、親しい人たちはアドバイスが出来るのです。
そして、借金まみれになる人たちがしっかりノウハウ判っているのかと言えば結構アタフタしている人たちも多いのです。
そして、弁護士に相談するのも一人の決断で意志が鈍っている可能性もあります。
親しい人たちは、背中を後押しすることも立派なアドバイスです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ