キャッシングで忘年会を乗り切って、付合いも仕事力もアップ


長いようであっという間の1年が終わろうとする12月。
師走に入り忘年会シーズンも本番に。
仕事の仲間、友人知人など付き合いも含めて声がかかることも多く、毎週のようにどこかしらで忘年会という人も少なくないでしょう。
公私共にお酒を交わしながら有意義な時間を過ごせる反面、気になるのがお財布事情。
顔を出せば一次会で退散しても5.000円前後の支出は避けられず、二次会、三次会まで参加したり忘年会の回数が増えたりすれば、それなりに大きな金額となってしまいます。
ボーナスが入ったばかりとはいっても年末年始で何かと物入りな時期でもあり、忘年会だけで数万円の出費はかなりの痛手。
お小遣い制のお父さんなら、なおのことでしょう。
しかしだからといってお断りをするのは今後の付き合いにも響いてくるため、できれば参加しておきたいものです。
とはいえ、ない袖は振れず・・・。
そんな経済的ピンチを救ってくれるのが、消費者金融のキャッシングなんです。

大手銀行系グループの消費者金融であれば法律で決められた金利よりも低いパーセンテージを上限金利に用いているため、安い利息で借り入れることができます。
一定期間無利息のサービスを行っているキャッシング会社であれば、なんと利息は0円。
借り入れた金額だけを返済すればいいので、経済的負担もありません。
申込みの時間によっては即日の融資も可能なので、急な忘年会のお誘いであってもすぐに現金を用意することができます。
もちろん会社への在籍確認はキャッシング会社であることが分からないようにオペレーター個人の名前で電話があるので、周囲の人に知られてしまう心配もありません。
個人情報の観点からキャッシング利用に関しての守秘義務があるため、例え家族であっても知らされることはありません。
インターネット経由で申し込みをすればキャシング会社の店舗へ出向く必要がないので、店舗の出入りを見られる心配もないうえ、窓口の営業時間を気にする必要もありません。
また、現金の引き出しだけを無人契約機にすればカードがその場で発行されるので、自宅へ郵送物が届く心配もありません。
このように、キャッシングを利用すれば断りたくない忘年会のお誘いをすべてこなすことができますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ