キャッシングはより豊かになるためのツール


職を失ったり、大きな借金を抱えていたりと経済的に困窮した人が利用するイメージの強いキャッシングやカードローンですが、実際には経済的に豊かな人にも利用者が多くいます。
その多くがキャッシングの利点を上手に生かして日常に取り入れているため、経済的困窮といったようなマイナスな概念はなく、より豊かな経済的基盤を作るツールのひとつとして利用しています。

たとえば、大きな支払いや出費が重なった月、給料日までの補填に必要な額だけキャッシングを利用し、翌給料日に借入金を全額返済。そうすればかかる利息は数日分のみの数百円ほどで抑えることができます。
しかも、一定期間無利息キャンペーンを行っているキャッシング会社を利用すれば、なんと利息0円で乗り切ることができるのです。
大手のキャッシング会社で上限金利として用いられている18%の金利なら、10万円の融資を受けても1日あたりの利息はたったの49円。
定期を切り崩したり、親族や友人に頭を下げ、心配をかけて工面したり、切り詰めて我慢を強いたりすることなく予定をこなせる、スマートな大人の経済手法のひとつとなっているのです。

そのほかにも、銀行ATM手数料の節約として利用している人もいます。
銀行の営業時間外やメインバンク以外の他行ATMなどから現金を引き出す際にかかる手数料は108円から216円。
キャッシングの利息のほうが安いため、銀行ATMの手数料がかかるスチエーションではキャッシングを利用して現金を用意し、後日手数料のかからない環境で自身の口座から引き出してキャッシングの返済をすれば、かかる金額はキャッシングの利息のみになります。
数万円程度の借入であれば2.3日後の返済になっても利息は数十円で収まってしまうため、支払う手数料を半分以下に抑えることができるのです。
1回で見れば小さな金額かもしれませんが、深夜や週末にお金を引き出す機会の多い人やメインバンクのATMが最寄りにない人などは、繰り返すうちにとても大きな額の節約につなげることができるのです。
また、自営業や投資家など、利益として手元にお金が舞い込んでくる前に大きな金額が必要な立場の人は、仕入れや経費、投資マネーにキャッシングで融資を受けたお金を利用し、そのお金が生んだ利益で後日返済をするという使い方をしています。

日常の生活のなかで上手にキャッシングを取り入れることはスマートで潤滑なお金の流れを生み、更なる豊かさを手に入れることができるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ