ブラックが消費者金融でお金を借入れる方法


消費者金融での借入やクレジットカードのキャッシングなどを利用し、返済を何度も遅延したなど返済トラブルがあった人や、短期間で何社にも申込みをした人など、消費者金融にとって不利益を与える恐れのある行為をした人をブラックと呼びます。
消費者金融では申し込みのときに返済能力を判断する審査を行うのですが、その過程で信用情報機関に問い合わせをします。
信用情報機関では一定期間内におけるクレジットやキャッシングのすべての履歴が管理されており、申込者を問い合わせると今までの借入や返済、申込み状況などが分かるので、どこの消費者金融で申込みをしても、同じ信用情報を参照していることになります。
そのため、どこかの消費者金融でブラックに指定されている申込者は、はじめての他社で申込みをしても、過去の履歴がすべて分かってしまうのです。

消費者金融での審査は、勤労状況、年収、他社での借入履歴などから貸し出したお金をきちんと返済する能力があるかを見極めるために行われます。
友人間などのお金の貸し借りで考えると分かりやすいかと思いますが、「絶対に返してくれる」という信頼ができない相手に、大金を貸す気にはなれませんよね。
消費者金融と申込者は、友人のように日ごろの関係性で信頼度を量れないため、審査を通して貸出できる相手がどうかを確認するのです。
ブラックとなっている人は過去の借入で何かしら問題があったわけですから、信用を得られず借入ができません。

では、一度ブラックになってしまったら二度と消費者金融を利用できなくなってしまうのでしょうか?
答えはNOです。

たとえば、短期間に何社へも申込みをしてブラックになってしまった場合。
このケースは何社へも申込みをしたことで「かなりお金に困っている=回収できない可能性がある」と判断されてしまいます。
それにより申込みブラックとして審査に通りにくくなってしまうのです。
ところが、信用情報機関では申込みに関する情報の登録機関を「申込日から6ヶ月を超えない期間」と定めています。
つまり6ヶ月を越えれば複数社へ申込みをした記録は消えるので、一度ブラックになってしまっても6ヶ月を過ぎてから改めて申込みをすればいいのです。
このように、借入履歴もそれぞれ決められた一定期間で履歴が消えるので、その期間を過ぎてから申込みをすれば審査に通る可能性がでてくるのです。
とはいえ、ブラックにならないことがいちばん。
借入れたお金はきちんと返済し、信用を築ける借り方をしましょうね。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ