年末年始もキャッシング・カードローンがお得で便利

帰省や旅行で自宅を離れる人も多い年末年始。
ですが、交通費や食事代、宿泊代やレジャー費など、楽しい思い出作りは何かとお金もかかるもの。
さらに宿泊代や施設利用費などは通常の価格よりも割り増しされているため、多めの予算が必要になります。
ボーナスが入った後で経済的なゆとりもありますが、クリスマスや親戚へのお年玉、忘年会や新年会など、出費もかさみます。

年末年始は銀行も休みのため事前に計画的に引き出しておかなければなりませんが、予定外の出費や予算オーバーなどで手元のお金が足りなくなることもあります。
そんなときは年末年始も稼動しているATMを探さねばならず、さらに休日扱いの手数料も発生してしまいます。
自身の口座から引き出すのに、休日の高い手数料をとられるのはなんだか複雑な気分ですよね。

そんなときに便利なのが、消費者金融のキャッシングなんです。
年末年始も関係なく利用することができ、現金の引き出しに手数料もかかりません。
キャッシングでは借り入れた金額に対して消費者金融が定めた利率の金利がかかり、利息が発生してしまいますが、たとえば大手銀行系グループ会社で用いられている18%の金利の場合、10万円を借り入れても1日あたりの利息はたったの49円なんです。
これらの消費者金融では1万円から融資を受けることができるため、1万円だけ借り入れれば利息は1日たったの4円。
年末年始にピンチを迎えても、銀行の休み明けまで最低限必要な金額だけを消費者金融で借り入れれば、返済時にかかる利息はATMの休日手数料より安く済ませることができるのです。
また、消費者金融の利息は借入期間に応じて加算されていくので、銀行の年始休み明けすぐに自身の口座から借り入れた額だけ引き出して完済してしまえば、利息をよりやすく抑えることができます。
消費者金融会社のATM以外に銀行やコンビニなどに設置されているATM、会員・口座登録を済ませていればインターネットから借り入れや返済ができるのも助かりますね。
すぐに必要な現金を手元に用意でき、ATM手数料も節約できるので、残金にドキドキすることなく有意義な年末年始を過ごすことができます。


ただし、新規の申込みだけは年末年始にはできません。
そのため、消費者金融が年末休みに入る前に申込みを済ませ、融資枠を用意しておくことがオススメ。
とはいえ、年末ギリギリまで営業している消費者金融も多いので、慌てる必要はありませんよ。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ