11月の結婚式はキャッシングで乗り切ろう


ジューンブライドという言葉からも6月に多いと思われがちな結婚式ですが、実は11月が一年の中でもっとも結婚式が多い月なのをご存知でした?
11月は比較的雨が少なく、気候的にも過ごしやすい季節。また、文化の日や勤労感謝の日など祝日も多いため、参列者の立場を考えて11月を選ぶというカップルも多いのです。
年末年始や年度の境などと重なる月でもないことから落ち着いた環境であることも多く、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで結婚したり、新しい年を夫婦となって迎えられたりと、挙式する本人達にも参列者にも、多くのメリットがある月なんですね。

友人、知人の幸せは嬉しく、晴れやかな門出を祝えることは喜びでもありますが、2件、3件と結婚式が重なると正直つらいのがご祝儀。
とはいえ、自分の経済的な事情で参列を辞退するのは心苦しいものです。
そんなときは消費者金融のキャッシングを利用して、寿貧乏を乗り切りましょう。

利息が高い、取立てが怖いといったイメージも未だ根強いキャッシングですが、上限金利が法律で定められたり、銀行が参入したりと、安全に利用できる環境が整っているのです。
心配される金利も、大手の銀行系グループ会社の消費者金融であれば法律で定める上限金利より低い利率を、上限に用いています。
例えば10万円を18%の金利で借入れたとき、1日当たりに払う利息はたったの49円。
5万円の借入であれば24円、3万円なら14円しかかからないのです。
それだけの利息で大切な人の幸せをともに祝ってあげることができるなら、利用しない手はないですよね。
翌月の給料やボーナスで完済してしまえば、いつまでも返済を続けなければならなかったり利息が高くついたりすることもないので安心して利用することができます。
しかも、一定期間無利息サービスを取り入れている消費者金融を利用すれば、返済するのは借入れた金額のみ。
うまり、利息0円で寿貧乏を脱することができるんですよ。

翌月の12月には忘年会やクリスマスイベント、年末年始など何かと物入りになる時期でもあります。 いつもの月より大きな出費を控えているからこそ、11月の結婚式で経済的な苦労に追い込まれているわけには行きませんよね。 キャッシングを上手に取り入れて、心からの祝福を送りましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ