公共料金や税金の支払いはクレジットが断然お得

カードOK
日本で生活していく以上、避けて通れないのが税金の支払い。
買い物時に支払っている消費税や毎月の給料から引かれる源泉所得税、持ち家であれば固定資産税の支払いもあり、車を所持していれば自動車税も課せられます。
ほかにも相続税や住民税など、私たちは日々の生活で実に多くの税金を支払っているのです。

その中でも経常税といって毎年継続して課せられる税金は、年度初めに振込用紙が届きます。
そこに記された締切りまでに金融機関で支払わなければいけないのですが、一年分を分割で支払う時などは後になるほどうっかり忘れてしまいがち。
そんな納付忘れを防ぐためには、クレジットカードでの支払いがオススメです。
近年、市区町村を中心にクレジットカードでの納税ができる自治体が増えてきており、固定資産税や住民税、最近話題のふるさと納税など、クレジットカードでの支払いに対応している税金が増えてきました。
クレジットカードで支払うことができれば納付忘れを防げるだけでなく、納付にいく手間や交通費を削減できたり、所持金が足りなくても支払うことができたり、クレジットカードのポイントが貯まったりとメリットがたくさんあります。

同じく電気やガス、水道などの光熱費や高速料金などの公共料金も、クレジットカードで支払うことで同様のメリットが受けられます。
特に光熱費の支払いはほぼ毎月あり、一度の金額もそこそこ。クレジットカードでの支払いにしていればポイントが貯まりやすく、窓口で支払うよりもとってもお得です。
また、支払わずにいると止められて生活に支障をきたしてしまいますが、必ず引落としされるクレジットカード払いなら延滞する心配もありません。
高速道路の通行料はETCが導入されて久しく、今では多くの方が利用しているのではないでしょうか。
ETCでは料金所で止まることなく清算ができ、カード番号の登録されたクレジットを介して後日引き落とされます。
ポイントがつくのはもちろんですが、ETCの利用による割引サービスがあったり、利用したインターや通行時間が一覧で確認できたりと、家計管理にも役立ちます。

同じ支払いでも便利になったりポイントでお得になったりと、メリットがたくさんあるクレジットでの支払い。
遅れず払いたいものだからこそ利用をオススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ