便利でお得なキャッシュレスライフ

カードと財布
電子マネーの普及で、公共機関の利用もコンビニやスーパーでの買い物も、ピッとカードをかざすだけの時代になりました。
お財布を出す手間や小銭で財布がパンパンになることもなく、時間がないときでもすぐにお会計が済ませられて便利ですよね。

電子マネーには事前にいくらかの金額をチャージしておいてその範囲内で利用できる前払い方式と、使用した金額を後から口座引落としなどで支払う後払い方式があります。
前払い方式ではチャージ金額以上の買い物をしてしまうと支払いができないため、その場で差額分以上の金額をチャージするか、差額を現金で支払わなければなりません。
電子マネーを持っているからと安心して現金を所持していないと、困ってしまいますね。
後払い方式ならその心配はなく、手持ちもお金が少ないときでも買い物ができるので、クレジットカードに近い感覚で利用することができます。

電子マネーやクレジットの利用は便利なだけでなく、使った金額に応じてポイントが付与され現金で買い物をするよりお得感もあることから日常的に利用しているひとが多く、日銀の調査では、1000円を境にクレジットカードと電子マネーを使い分けているひとの割合が多いそうです。
電子マネーやクレジットカードの利用が身近になってキャッシュレスな生活となり、現金をあまり持たずに生活しているひとも多くなりました。
落としたときや盗まれたとき現金は戻ってきませんが、クレジットカードや電子マネーはストップすることができるので被害額を少なくすることができますね。
しかし、クレジットカードや電子マネーが使用できない店舗を利用できなかったり、現金が動かないためつい使いすぎてしまったりというデメリットも。
使える金額を念頭に置いて利用し、レシートなどを管理して引き落とし日に「お金が足りない!」という事態にならないよう気をつけて使いましょう。
また、偽造やデータ流出などで不正に利用される可能性もあるので取扱いには十分注意し、利用明細のチェックも忘れずに。

キャッシュレスな生活は便利な反面、使った金額が把握しづらいことから引き落とし日の口座残高が足りず、消費者金融のキャシングに助けを求めるひとが増えています。
クレジットカードの支払いが滞れば信用情報に履歴が残ってしまいますし、電子マネーでは使用できなくなってしまいます。
消費者金融のキャッシングは、金利が法律で定められたり銀行が参入したりと安全なイメージもあり、クレジットカードのキャッシング機能より金利も安いことから多くのひとが利用しているんですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ