電子マネーで快適なキャッシュレスライフを送るには?

電子マネーアイコン
電車やバスなど公共機関の乗車から、スーパーや自動販売機での買い物にまで幅広く利用できる電子マネー。
カードや携帯をかざすだけの便利さは財布を出す手間や小銭を探すわずらわしさもなく、利用できる場所もどんどん増えているため、多くの利用者が日常に取り入れています。

電子マネーは事前に千円単位でチャージして使う前払い式と、利用額を指定口座から引き落とす後払い式とがあり、後者はクレジットに近い感覚で利用することができます。
また、残高が一定額を下回ると自動的に入金してくれる「オートチャージ」という機能もあり、支払い時に残高不足で使用できないというトラブルを回避してくれるシステムもあります。
日銀の調査では1000円未満を電子マネー、1000円を越える買い物はクレジットで支払う人の割合が多いとのこと。
支払い時にポイントが貯められたり、商業施設やインターネットでの買い物などふだん利用する環境のほとんどで使用できたりと利用者にとってメリットも多く、現金を持たず電子マネーとクレジットで支払いをするキャッシュレスな生活を送っている人の割合が増えていることがうかがい知れます。
キャッシュレスな生活を送ることは、特に忙しく時間に追われがちな現代人にとって、会計時の時間を短縮できたり銀行へお金を下しにいく手間が省けたりと助かることも多く、また、小銭で財布をパンパンにすることも、小銭しか使えない環境で手持ちが合わず慌てることもないため、スマートな日常を演出してくれます。

しかしその便利さの反面、カードや携帯の紛失、クレジットの偽造などの被害報告もあり、利用には十分気をつけたいところ。
また、現金での支払いがないためお金の動きが目に見えず、ついつい使いすぎてしまうといったことも多々あるようです。
使いすぎを防ぐには「お金を支払っている」という感覚を忘れないこと。
レシートなどを取っておいて支出の管理をする、残高を確認して利用できる額を意識するなど、現金で支払いをしているときと同様にお金の動きを常に把握しておきましょう。
上手に活用することで、ポイントが効率よく貯まったり家計管理ができたりと節約にも繋がる電子マネーとクレジット。
現金と併用しながら場面ごとで使い分けることが、快適なキャッシュレスライフのポイントです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ