結婚にかかるお金!結婚費用はどのくらい!?

ご祝儀
人生の一大イベント、結婚。
新しい人生の幕開けで喜びと希望に満ちたときである反面、結婚式やハネムーン、新居の準備など大きな金額も必要になるときです。
最近の長引く不況で結婚式やハネムーンにかける費用は減少傾向にあり、結婚式を挙げない、身内の顔合わせだけで済ませるといった傾向も多くみられます。

そうはいっても一生に一度の晴れ舞台。
経済的な事情から結婚式を挙げなかった夫婦の9割近くが、後になって「挙げておけばよかった」と後悔しているというデータもあります。
結婚式は自分達の結婚を報告するだけでなく、お世話になったひとやこれから長い付き合いになる親戚などに感謝や挨拶をかたちで表すといった意味も込められています。
また、大勢の参列者に祝福されることは自分たち自身の気持ちの襟を正すきっかけにもなるため、たとえ費用を抑えても挙げるほうがいいという意見もあります。

結婚式・披露宴にかかる費用と一口に言ってもその内訳はとても細かく、挙式や会場の費用以外に、新郎新婦の衣装や装飾、ゲストへの料理や引き出物、招待状にかかる費用や遠方からの出席者への車代や宿泊費など、最低限に抑えても300万円ほど。
そのほか演出をしたり司会や撮影をプロに頼んだり、ブライダルエステに通ったりすればそのぶん上乗せされていきます。
結婚指輪、挙式・披露宴、ハネムーンとお土産代を合わせた全国的な平均は450万円ほどとなっていて、新居に必要な家電をそろえ、引越し代や家賃などの諸経費も含めると、新婚生活のスタートには600万円ほどの費用がかかるといわれています。
昨今の男性が結婚に消極的なのも、なんだか納得・・・。

しかし、この金額すべてを二人だけでまかなうわけではなく、両家の両親から援助があったり、結婚式のご祝儀をいただけたりと、ある程度の収入も見込めます。
また、感謝の気持ちを表すためと割り切って、料理や引き出物にはお金をかけても自分達の衣装や会場費は節約するなど、結婚式を挙げる主旨を明確にして挙式費用を抑えるカップルも多く、中には参列者の数からご祝儀を予測し、その金額内で式を挙げるというツワモノカップルもいるほど。
貯金が少なく結婚できない、式が挙げられないと嘆くよりも、今ある中でいかに上手にすべてをまかなうかが、現代の結婚に対するお金の意識のようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ