もしもの備えがピンチを救ってくれる、生命保険ローン

保険レディ
もしものときに備えて生命保険に入っているひとは多いですが、急にお金が必要になったとき、この生命保険からお金を借入れることができることを知っているひとは意外に少ないもの。それが、生命保険契約者貸付制度。

現在加入している生命保険から、払ってきた金額に基づいた解約返戻金の一定の割合で借入れることができる契約者貸付制度というものがあります。
保険会社や契約している生命保険の種類によっても変わってきますが、解約返戻金の70~90%の範囲で借入れることができ、生命保険の予定利率より1~2%高い金利がかかりますが、生命保険の種類によっては一般的なカードローンなどより低い金利で借入れることができます。
予定金利は保険証券などに記載されているので、分からない場合は確認してみましょう。
また、生命保険を解約しなくても借入れができるため、もしもの備えはきっちり続けながらお金を工面できるので安心ですね。

申し込みに必要なものは生命保険証券などに書かれた証券番号のみ。
契約している保険会社へ連絡をして契約者貸付制度の利用を伝えると申し込み書類を郵送してくれます。
必要事項を記入して返送すれば、保険会社で手続きが完了次第、3~10日ほどで融資してくれます。
保険会社によってはインターネットなどからの申込みができるところもあるので、自分の契約している保険会社の概要に沿って申し込みをしましょう。

返済は消費者金融のように毎月の返済は必要なく、一定期間内であればいつでも返済ができます。
一括返済と一部返済を選ぶこともできるので、家計の様子をみながら返せる範囲で返済できることも魅力です。
保険会社から送られてくる振込用紙で返済ができるほか、金融機関やインターネットバンキング、コンビニなどからの払い込み、ATMからの返済ができる保険会社もあります。
積み立て配当金がある場合はその金額を返済に充てることもできるので、元本を減らすことができてお得でもあります。
しかし借入期間が長ければ当然利息も高くなるので、できるだけはやく返済するようにしたほうがいいでしょう。

しかし、保険の契約をしてからあまり年数が経っていないひとや、契約期間が終了間近なひとなどは契約者貸付制度を利用できない場合もあります。
申込みをする前に利用ができるかどうか、金利はどのくらいかをしっかりと確認し、金融会社などのカードローンと比較したうえで申込みをするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ