闇金や悪徳業者からの甘い誘い文句の借金に要注意


とくべつ贅沢をしていなくても、真面目に働いていても、日々の生活だけで羽が生えたように消えてゆくお金。
消費増税や物価の上昇などからあらゆる物事の価格が高騰し、以前と変わらない生活をしていても支出は増えています。
どんなに節約していても必要最低限の支出が増えて入ってくる金額は変わらずでは、気持ちも沈んでしまいますよね。

そんな中で突然訪れた大きな出費やどんなに頑張っても生活費をまかないきれないというとき、翌月の入金やボーナスなどのまとまった入金をあてにして、消費者金融で借入をする人も少なくありません。
周囲に頭を下げてお金を借りるなど心配をかけることもなく、誰かに知られることもなく必要なときまでにお金を用立てることができる消費者金融は、上手に利用することで経済的な悩みを解消してくれる強い味方。

とはいえ、それは借りているお金。一定の利息をつけて期日までに返済しなければなりません。
必要以上に大きな金額を借入れて使いこんでしまったり、予定していた入金が得られなかったりと、返済日に必要な金額が用意できず、返済に困窮することもあります。
そのような時、他社の消費者金融で借入れて現在の借入を返済するという人も。
ところが、消費者金融では総量規制といって年収の3分の1の金額までしか借入ができないという決まりがあります。
年収300万円の人なら100万円まで。1社で10万円の借入をしている場合、他社では最高90万円までしか借入れることができないのです。
そもそも、勤務状況や過去の借入履歴などから返済能力を判断する審査を通過しなければ借入れることはできませんので、どんなにお金に困っていても、思い通りの金額を借入れられないこともあるのです。
そんな困窮者に向けて、「審査なし」「ブラックOK」など、甘い言葉で借入を促す消費者金融があります。
もう借入枠が残っていない、審査に通らないなど困っている人にとってはとても甘い誘い文句。
しかしこれらの消費者金融は「闇金」と呼ばれる悪徳業者で、法定外の高い利息を請求してきます。返済ができないと恐怖を伴う回収をしてきたり、仲間であるほかの消費者金融で借入させてさらに高い利息を請求してきたり。
「すぐに返済できるから」などと軽い気持ちで借入してしまうと、人生が一転してしまいます。
個人情報は闇金内で流れていくので、いろいろなところから連絡が来るようにもなります。
どんなに困っていても、闇金からの借入には手を出さないようにしましょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ