お金を生み出す最良の近道は自己投資

未来へ投資
長引く不況、次々迫る増税で、貯金はおろか日々の生活さえも苦しい経済状況。なかなか上がらない収入に対して増え続ける支出では好きなことに費やせる余裕もなく、あきらめてしまいがちですよね。
確かにムダ使いはよくありませんが、なんでも「節約!」と財布のひもを締めてしまうひとはかえってお金が貯まらないのです。

一代で財を築いたとあるお金持ちのひとは「お金は生きている」と言います。
使わずに貯め込むより有意義に使ってあげることで何倍にもなってかえってくるという考え方で、闇雲に貯金や散在をするのではなく、自己投資にはお金を惜しまなかったことでいまの成功を手にしたそうです。
一見高額に感じることであっても、それにお金をつぎ込むことで自分自身のスキルアップやモチベーションアップにつながるのであれば惜しまず投資。それで身に着けた武器が先々仕事や人間関係を円滑にしてお金を生む。
男性であれば出世や成功につながり、女性の場合は玉の輿にのれるなど、一時の高額な出費があったからこその幸せを手に入れることができるというもの。
金額だけをみてあきらめていたら、その先の幸せもやってこないといいます。
将来なりたい自分のビジョンを明確に持ち、今の自分に足りないものを補うにはどうすればいいかを考え、そのために必要なことには惜しまず自己投資をして自分を磨くことは、どんなに高額であってもムダ使いではないのです。

しかし、どんなことに投資したらいいのか分からないというひとも多いでしょう。
そんなときは、まず自分の見た目を磨くことから投資してみてはいかがでしょうか?
ひとの第一印象は見た目で決まります。
少し高価でも仕立てのいい服を着る、人目につきやすい部位のお手入れをエステなどでキレイにする、時計や財布は高級ブランドのものを身に着けるなど、日常的な身の回りを整えることで気持ちの背筋も伸び、自然と次なる目標が芽生えてきます。
周りからの印象もよくなるため、人間関係に良い変化も生まれます。
さいしょからスキルアップ講座に通うなどハードルを上げる必要はなく、手の届くところから少しずつはじめていけばいいのです。

自己投資の矛先が決まったのにどうしても経済的に苦しいときは、金利の低い消費者金融などで次の給料日には完済できる程度の額を借入れることもひとつの手段。
無利息キャンペーンなどを利用すれば、自分の口座から引き出したのと同じ感覚で利用できるので、「今」を逃さずに済みます。
しかし、必ずすぐに完済できる程度の小額融資で申し込むようにし、余計な借入れで気持ちが大きくならないように気をつけましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ