アラサー女子のお財布事情


社会的地位とそれに伴う給料という安定した生活を手にできる人が多いアラサー世代。
特に独身女性の場合、仕事上のゆとりも出てきたり、出会いや結婚を意識したりして、自分磨きにお金と時間を費やす人も多いようです。
また、高級ブランドや有名ブランドなどの高価なものが似合う年代でもあり、ステイタスや自分へのご褒美などとして身につける女性も多くいます。
ほかにも、スキルアップのための習い事、友人との付き合い、ネイルやヘアなどの美容関係、旅行など、何かとお金のかかるときでもあるようです。
ところが「ケチだと思われたくない」「付き合いが悪いと思われたくない」などの思いから、同性の目を気にしたり誘いを断れなかったりといった一面もあり、実際の収入に見合わない支出をしているひとも、実は意外に多いのです。
とはいえ、収入は限られているから、生活水準を維持するのも何かと苦労の連続。また、自由に使えるお金がある分ついつい何かと使ってしまうことで、貯金がないアラサー女子も多いもの。
そこで、消費者金融のキャッシングやカードローンを利用して、乗り切る人が多いのです。

最近では上限金利の法定化や銀行の参入などで安心して利用できるイメージも強く、身近な存在となっているキャッシング。
CMなどでもよく耳にする大手銀行系グループのキャッシング会社なら体制もしっかりしているため、高金利や無理な返済などで怖い思いをする心配もありません。
そのうえ、女性専用のメニューを用意しているキャッシング会社もあり、女性でもより安心して利用できるようになっています。
女性専用だからといって借りられる金額が少なくなるなどということはなく、一般的なメニューと条件は変わりません。
それなのに問い合わせや確認の電話の際はすべて女性オペレーターが対応してくれるなど、女性にとって嬉しいサービスが満載。
キャッシングに抵抗のあった女性でも、一度利用してみたらイメージが180度変わったという人も多いほど、キメ細やかなサービスが整っているのです。

アラサー女子のキャッシング利用方法をみてみると、ただ闇雲に借入れるのではなく、今の自分自身や周囲との関係などから必要な内容をジャッジし、そのために手持ちのお金からまかなえない分だけをキャッシングで用立てているようです。
翌月の給料やボーナスなど収支をしっかり計算したうえで、無理のない返済ができる程度でステイタスを維持できる範囲をしっかり見極めており、堅実な借入れ方が特徴的です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ