本当に贅沢なお金の使い方

豪華
高級なブランド品を身にまとい一流のホテルやレストランで食事や宿泊。豪華な家に住み、欲しいものは値段を気にせずその場で購入。
そんな湯水のようにお金を使える環境は誰しも憧れ、贅沢三昧とも称されますが、本当に贅沢なお金の使い方とはいえません。
限られた収入の中で必要な支出を済ませ、残った金額の中でも「本当の贅沢」を味わうことができるのです。

日々の生活に追われていると、趣味のものや好きなことにはなかなかお金をかけることができません。
それよりも目先の支払いや貯金が気になり、欲しい、やりたい気持ち自体にフタをしてしまうこともありますよね。
だからこそ、好きなことややりたいことにお金をかけるのは、本当の贅沢といえるのです。
贅沢をすることは、なにも大金をつぎ込むことだけではありません。
月に1回はおしゃれなレストランで食事をする、年に1回は趣味に没頭する時間とお金をつくるなど、欲しい・やりたい気持ちを満たせることができれば、それは本物の贅沢。
ふだんは節約と我慢を重ねていても、決まった間隔で気持ちを満たせる楽しみが待っていればそのために自然と日々のお金の使い方も変わってきますし、気持ちにゆとりも生まれます。
楽しみがあるから乗り越えられることもあるし、当日その時間を存分に楽しめれば気持ちも満たされて次の日からの活力にもなりますよね。
そのモチベーションが仕事やプライベートを充実させる起爆剤となるので、結果として成功したり昇進したりと経済的な豊かさを運んでくることにも繋がりやすいのです。
好きなこと、やりたいことにお金をかけることは自身への投資でもあり、限られた金額であってもいちばん贅沢なお金の使い方といえます。

好きなこと、やりたいことに投資することは気持ちを満たすだけではなく、そのことに関する知識や経験を得ることでスキルアップもできます。
仕事に直接は関係ないと思えることでも、それが何かのきっかけになったり、思わぬアイディアを生み出したりと繋がることもあります。
冒頭のようなお金も使い方よりも、楽しみのない節約生活よりも、好きなことに投資する使い方は生きたお金の使い方となるため、本当の贅沢を味わうことができるんですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ