給料日前にお金が足りなくなったらどうする?

お金足りない
働いていれば毎月ある程度決まった額で入ってくるお給料。
しかし支出は、毎月同じとは限りません。
大型連休などがある月はレジャー費がかさみます。
賃貸なら更新料、持ち家でも固定資産税など毎月の家賃や住宅ローンの返済額以外にまとまった額が必要になる月もあります。
家電などの故障による修理費、病気や怪我による医療費など、思わぬ出費が発生する月もあるでしょう。
友人知人の結婚や出産などお祝い事は喜ばしい反面、出ていく金額も大きなものとなります。
どんなに計画的に生活費を運用していっても、思いもよらない出費に直面することは誰にでも起こりうるのです。

大きな出費がかさんだ時など、給料日前なのにお金が足りなくなってしまう事態も起こりえます。
そんなとき、あなたならどうしますか?
食費を調整する程度でまかなえるほどの金額であれば、給料日まで節約生活を送るという方もいらっしゃるでしょう。
しかし遅らせられない大切な支払いがあるなど、節約ではどうにもならない場合もあります。
そのようなときに親兄弟や友人に頭を下げて貸してもらうのは勇気もいるし、特に男性ならプライドが許さないことも。
何より、「経済的に困窮している」とアピールするようなもので周囲に心配をかけてしまうことにもなり、なかなか切り出せないものです。

そんなときに多くのひとが活用しているのが消費者金融によるキャッシング。
昨今のキャシングは法律により定められた上限金利で安心して借入れることができ、銀行系のグループ会社など信頼できるキャシング会社も多いため、計画性を持って安全に利用することが出来るようになっています。
そのため、給料日前に不足しているお金を借入れて次の給料日に全額を返済すれば、安い利息でピンチを回避することができます。
また、キャシング会社によっては一定期間無利息のサービスを行っているところもあるので、融資から返済できる給料日までの利用日数が無利息期間内に収まれば借入額だけの返済で済み、実質的に自分の口座から引き出して使ったのと変わりません。
口座振替を利用すれば仕事などで銀行に出向くことができないときでも、オンラインからの操作ひとつで間に合わせることもできるのです。
誰にも迷惑をかけることなくお金を用立てて対処することができるため、大人らしいスマートな経済的ピンチの乗り切り方法として定着しつつあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ