キャッシング・カードローン利用中は、住宅ローンの審査に影響するのか?

住宅ローン審査
上限金利が法律で明確になったり銀行系が参入したりと、安全なイメージが定着して利用者が増えているキャッシング。
クレジットカードに付帯したものもあり、より身近な存在となっています。
しかしマイホームを購入しようと思ったとき、このキャッシングの利用が住宅ローンの審査に影響するのではないかと不安に感じる方もいらっしゃることでしょう。
「毎月キャッシングを利用していて翌月には返済しているのですが、そんな私でも住宅ローンの審査が通るのでしょうか?」というご質問が。

住宅購入時に多くの方が利用する住宅ローンは、借入前に審査があります。
審査では主に申込者の返済能力をみるのですが、信用情報センターを通してキャッシングやクレジット、自動車ローンなど過去の利用実績や現在の借入状況も確認します。
このとき、過去に延滞などの事故情報があったり、現在のキャッシング借入額があまりに高額だったりする場合は審査に影響しやすくなります。
しかし、キャッシングなどの利用履歴があったとしてもきっちり返済できていれば、あまり影響はないでしょう。
ただ現在も借入があるとなると、キャッシングと住宅ローン二重の返済となってしまうため、キャッシングの残債次第では住宅ローンの借入可能額が減額されるといったこともあるかもしれません。
特にキャッシングやカードローンでは借入枠を持っていればいつでも利用できるため、残債がなくても借入残高としてカウントされてしまいます。
ご質問者様のように現在も借入がある場合はできるだけ完済してから住宅ローンの審査をうけるようにし、また、使用していないキャッシングの利用枠があれば解約しておくのがベストです。

審査の基準や内容は金融機関によって異なるため、最終的には申込んでみないと分からないというのが実際のところですが、申込み前に不利になる条件を減らすことで審査を通過できる可能性を高めることはできます。
ご自身の身辺を今一度見回して、できるだけ整えてから住宅ローンの審査に挑むことをオススメします。
また、信用情報センターへの問い合わせでいずれ分かってしまうことなので、申込み時はキャッシングの利用履歴を隠したりごまかしたりせずに正直に申告しましょう。
虚偽の申告とみなされるとご自身自体の信頼度が下がり、通過できるものもできなくなってしまう可能性がありますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ