負担の大きい住宅ローンはキャッシングの活用で手助けを

住宅ローン
家族を持つ方なら誰もが憧れるマイホーム。
最近では独身でも将来を見据えてマイホームを購入する人が増えています。
人生で一度きりかもしれない大きな買い物となり、その額も数千万円から数億円と高額なため、ほとんどのひとが住宅ローンを利用して夢のマイホームを手にしています。

しかし一言で住宅ローンといっても、その内容はほかのローンと大きく異なります。
各銀行で定められた基準を満たし、審査に通過する必要があるところまでは同じですが、借入の際は対象となる家や土地を担保として抵当権を設定する必要があります。
これは万が一支払えなくなった時、その代償として家や土地を引き渡すという約束のようなもの。
また、返済時にかかる金利は情勢によって変動するため、借入れる時期によって支払い総額に大きな開きがあります。
住宅ローンでは借入れる金額が大きいためローンを組む年数は最長で35年と長きに渡り、金利の変動も加味されて数年単位の固定金利といった方法を選ぶこともできます。
この場合、その時の一般的な変動金利より少し高い利率となりますが、決められた期間は金利の変動によるあおりを受ける心配がありません。
その反面、金利が下がってもその恩恵を受けることができず、一定額を支払い続けなければなりません。

返済方法は大きく分けて、毎月均等に支払う方法と、月々の返済額を低くしてボーナス時期の年2回まとまった金額を返済するボーナス払いの2種類があります。
支払い総額でみれば均等に支払ったほうが幾分利息は安くなるのですが、毎月の返済額はボーナス払いがある返済方法より数万円高くなります。
ボーナス払いを用いれば月々の返済額は低めに抑えることができるため、月の支出で住宅ローンの占める割合を低く抑えることができます。
しかし最近では不安定な情勢からボーナスの減額やカットになる会社も多く、ボーナス払いの支払いに困窮する家庭も少なくありません。
また給料自体がさがり、住宅ローンの支払いが重くのしかかる方も。
生活の基盤となる住宅に関わる支払いなだけに、払えなければ家を失う可能性もあるため優先して支払いたいものですが、生活に必要な支出も避けることはできず、住宅ローンが重荷になってしまっています。

そんなとき、消費者金融などのキャシングやカードローンを活用することで、困窮した状況を回避することができます。
住宅ローンでは借入額が大きいため、返済日が1日過ぎるごとに大きな延滞金が発生してしまいます。
しかし消費者金融での借入なら必要分だけを借入れることができるため利息も低く、たとえ10万円を18%の金利で借入れても1日あたりの利息は50円未満。
住宅ローンの支払いが難しくても消費者金融で借入れて先に返済してしまえば、支払えずに延滞するよりうんと低い金利でやりくりすることができるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ