クレジットカードでキャッシングをしてお金を現金化






クレジットカードでお金を借りることは可能?


クレジットカードでお金を借りている方は多いです。
昔と今のクレジットカードは機能が異なります。
一番の違いは、キャッシング機能の有無でしょう。
最新型のクレジットカードには、キャッシング機能ありのカードがラインナップされており、
こちらはカードローンとして使えるのです。
専用ATMで借入と返済ができるので、カードローンを使ったことのある方ならば
何ら問題ありません。

キャッシング機能については、知らない間に付帯に気づかれる方も多いです。
契約時にキャッシング機能付きであることを知らずに、そのまま契約してしまうのです。
明細書を見たら、クレジットとキャッシング欄の2つがあり、
「キャッシングとは何」と思って調べたら、
ローンを利用できることがわかったというケースは多いのです。

クレジットカードでお金を借りる場合の金利は、
消費者金融のカードローンとほぼ同じくらいです。
ただし、限度額は少なめに設定されているので、ローン専門として利用するよりも、
あくまで付帯機能として考えたほうがいいでしょう。
限度額は50万円程度に抑えられたものが多く、借りすぎに至りにくいのはメリットでもあります。

クレジットとキャッシングの使い分けでは、通常の買い物ではクレジットを使います。
2回払いまでは無金利、つまり2ヶ月以内に返済すれば
現金一括払いと同額で購入できるということです。
キャッシングの場合ですと、2ヶ月間借りるとその分の利息が発生しますので、
お金を借りるとき以外は利用しません。

キャッシング枠は思わぬところで役立つことが多いです。
例えば、クレジット決済をしようと思ったら、限度額いっぱいで決済できないとしましょう。
そんなときは、最寄りのATMでお金を借りて、代金を支払うという方法が使えます。

クレジットカードを健全に使うためには、
毎月クレジットとキャッシング枠の残額を調べておくべきでしょう。
カードの使いすぎを防ぐためには、自己管理をするしかないのです。