クレジットカードのキャッシング枠を活用






クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠を活用すれば、カードローンが不要になるかもしれません。
クレジット付帯のキャッシングの場合、限度額は30万円や50万円と少ないのですが、それゆえに借りすぎになりにくいというメリットもあります。
50万円しか借りられないローンと、100万円まで借りられるローンを比べると、どちらが借りすぎに至りやすいでしょうか?
これは明らかに100万円のほうです。
限度額100万円のローンで、50万円までの利用でピタリと止めておくことは意外と難しいのです。
「使えるだけ使おう」と考えてしまう方は多いはずです。

キャッシングやカードローンは、利用限度額が大きいです。
総量規制により、年収の3分の1まで融資を受けることができますので、100万円まで借り入れできる方も多いでしょう。
キャッシングなどの多目的ローンにおいては、100万円という借入額はかなり大きなものです。
返済をするときになるとわかりますが、月々の返済がかなり大変になるはずです。

そんな方には、限度額が少ないクレジットカードのキャッシング枠をおすすめします。
クレジットの付帯(おまけ機能)なので、高額融資に対応したものは少ないです。
限度額は30~50万円くらいのタイプが多く、それ以上の借り入れをすることはできませんので、借りすぎてしまうリスクは低いのです。

金利に関しては、クレジットカードのキャッシングは高いと言われていますが、実際には18.0%以下が主流となっており、キャッシングと大差ないものです。