クレジットカードの審査が通りやすいのはどんな人?






クレジットカードの審査が通りやすい

クレジットカードの審査に通りやすい人は、ローンの利用履歴があり、延滞のない方です。
ローンの利用履歴があれば、不利になると言われる方もいますが、履歴がないよりも、あったほうが絶対にいいのです。
履歴がない状態では、業者側は申込者の返済傾向を把握することができません。
きちんと返済してくれる人なのか、だらしない人なのか。

ただし、利用履歴があっても、延滞が多い方は審査に通りません。
うっかり支払い忘れを完全に防ぐことは難しいでしょうし、この場合は過失とみなされることが多いです。
注意したいのは、2回以上支払いを怠ったり、1ヶ月以上も延滞していたり、支払いが厳しい状態が続いた場合です。
支払いできない状態が続いた場合は、過失ではなく、故意だとみなされてしまいます。
自己管理をしっかりと行っていれば、支払いできない状態には至らないでしょう。
将来的にクレジットカードの利用を考えている方は、ローン関係の延滞に注意してください。

クレジットカードとキャッシングの審査基準には大きな違いはありません。
キャッシングの利用ができない方は、クレジットカードも利用が難しいと考えていいでしょう。
特にキャッシング機能が付帯したクレジットカードの場合は、審査に通りにくくなります。

審査に不安はあるけど、「キャッシング枠あり」のクレジットカードを持ちたい方は、まずはキャッシング枠なしのクレジットカードとして契約して、しばらくしてからキャッシング枠の追加審査を受けるという手もあります。