クレジットカードの利用可能枠はどのくらい?






クレジットカードの利用可能枠

クレジットカードの利用可能枠は、カードのグレードによって異なりますが、一般的に10~500万円くらいです。
カードローンと同じく、年収によっても左右されます。
ローンで高額融資可能な方は、クレジットカードの利用枠も大きくなると考えていいでしょう。

クレジットカードの利用枠を増額するコツは、毎月の着実な支払いです。
高額年収・公務員といった属性は、カードの利用枠を大きくするには理想的です。
しかし、業者側が最も重視するのは過去の利用履歴です。
延滞することなく、しっかりと返済してくれる方は履歴もよく、審査では高額枠を設定してもらえる可能性が高いです。
延滞が多い方は、属性がよくても枠を小さくされるケースが多いのです。

安全に利用枠を増額していくためには、最小限の枠で申し込むことです。
クレジットカード会社としても、希望枠が少ないほど安心できるものです。
その後、安定的に支払いを続けることで、業者からの信用を得られるようになります。
そこで初めて、枠増額の交渉が行えるようになるのです。
理想的なのは、業者側から増枠交渉を持ちかけてくれることですが、なかなか話が出ないようであれば、自分から交渉してみましょう。
交渉のタイミングとしては、契約から6ヶ月以上経過してからです。

逆に利用枠が大きすぎて不安な方は、交渉をして引き下げてもらうことも可能です。
枠に余裕があると使いたくなり、浪費してしまう方もおります。
こうした方は浪費防止のためにも、枠を極力少なくしたほうがいいでしょう。