クレジットカードの返済方法は






クレジットカードの返済

クレジットカードの返済方法は、原則として銀行引き落としになります。
住宅ローンや自動車ローンを利用している方ならば、指定口座から毎月引き落としされるでしょう。
クレジットカードの返済もこれと同じであり、ATMで返済することはできないのです。

キャッシング機能付きのクレジットカードの場合も、キャッシングを利用するときはATMが使えますが、返済は口座引き落としになるのが普通です。

クレジットカードの返済方法で注意したいのは、リボルビング返済です。
毎月定額の返済でいいので、カードの利用額が増えても月々の返済額はほとんど変わらず、利用額が増えているという実感を得られないことがあります。
こうしたカードは毎月の返済は楽ですが、元金が減らないので返済が延々と続くという悪循環に陥りがちです。

毎月の返済額は、むやみに少なくするのはいけません。
無理な返済額を設定する必要はありませんが、浪費をなくして節約して、少しでも返済に回せるようにするべきでしょう。
返済額5,000円と10,000円では、前者のほうが完済までに2倍超の期間がかかります。
返済額が小さいほど元金が減らないためです。
元金を減らせば減らすほど、利息の発生も抑えられるので、総返済額は少なくなるわけです。

万が一、口座引き落としができない場合は、コンビニ用の振込用紙が自宅に送付されてくるのが普通です。
この場合、振込手数料は自分持ちになることが多いので注意が必要です。