クレジットカードのリボ払いを活用






クレジットカードのリボ払い

クレジットカードのリボ払いとは、毎月定額の返済額を設定して返済していく方法のことです。
リボ払いの人気の理由は、収支のバランスの把握が容易だからです。
月々5,000円しか支払いできない方の場合、カードの利用額が増えることで、月の支払いが10,000円になったら焦るでしょう。
リボ払いの場合は、「利用額が増えても支払いは定額5,000円のまま」といったカードが多く、家計管理が非常にやりやすいのです。

ただし、便利ゆえに注意点もあります。
利用額が増えても、月々の支払額が変わらないことが多く、浪費になかなか気づけないのです。
クレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合も同様であり、お金を借りても支払額はそのままなので、お金を借りているという実感があまりなくなります。
その結果、使いすぎてしまうわけです。

リボ払いの場合、月の返済額が一定なので、使いすぎに気づきにくいですが、「いつまで経っても支払いが終わらない」ことで、使いすぎに気づくケースが多いです。
「毎月5,000円ずつ支払っているのに、元金は100円しか減らない」なんてケースは実際にあり、この場合は利息で4,900円が消化されているのです。
実質的な支払額は100円ですから、支払いを続けても元金はほとんど減らないわけです。

クレジットケード契約をするときは、支払い方法についても確認しておく必要があります。

リボ払いのほかに、1回払い、分割払いは用意されているのか?
分割(リボ含む)の手数料はどうなっているか?

などなど、確認しておきましょう。