債務整理してもクレジットカードは持てる?






債務整理でもクレジットカード

債務整理をすると、クレジットカードは持てなくなります。
自己破産・個人再生・任意整理を問わずに、債務整理をすると5年間はブラックとなります。
ブラックになるとローンを利用できないのはご存知でしょうが、これはクレジットカードにも該当するのです。
債務整理をしてから5年間はクレジットカードの契約はできませんし、現在契約中のカードも使えなくなると考えていいでしょう。
新規の決済はできなくなり、支払い機能だけが残りますので、完済するまで毎月支払いを続けてください。

クレジットは「信用」という意味があり、信用を元にして一時的に代金の立て替えをしてくれるサービスです。
ローンとは別モノに思えるでしょうが、分割払い(3回以上)にすると利息が発生しますので、ローンに近い性質を持っています。
支払いができなくなれば遅延となり、カード機能を停止されることもあります。

クレジットカードの審査に関しては、以前よりも厳しい傾向があります。
そのため、債務整理後のブラック状態では、利用できるカードはないと思ったほうがいいでしょう。
ひたすら審査を受けても通りませんので、5年間は申し込みを避けたほうが得策です。

「ブラックを消せば、すぐにクレジットカードを持てる」という情報に関しては100%ウソです。
ブラックを消すことは、弁護士や司法書士などの専門家でも無理なのです。
「ブラックを消せる」という業者にアクセスなどすれば、手数料を請求されて終わりです。