クレジットカードの解約方法は簡単






クレジットカードの解約方法

クレジットカードの解約方法は簡単です。
カード会社に連絡して、解約したい旨を伝えるだけです。
解約後は、お手持ちのカードをハサミで切って使えなくしましょう。
シュレッダーで細かくするのもいいです。

支払いが残っている場合の解約では、一括での支払いを求められます。
これができなければ、すべて支払いが終わるまで解約手続きは待ったほうがいいでしょう。
なお、カード会社によっては、解約手数料を請求されるケースもあります。

ほとんど使用していないクレジットカードがあるならば、解約することをおすすめします。
カードの所有枚数は1~2枚が適切であり、3枚以上になると多いのです。
使用していないカードを解約せずに持ったままだと、別のクレジットカード契約をするときに不利に働きます。
契約件数としてカウントされるわけです。

今後使用する可能性のあるカードの場合は、解約せずに所有しておいたほうがいいかもしれません。
いちど解約してしまい、また契約したいと思っても、そのときは再審査が必要になるのです。
再度カード発行をする手間を考えれば、必要なカードは解約せずに所有しておくべきでしょう。

年会費無料のクレジットカードなら、使わなければ1円もお金はかかりません。
現金主義の方でも、カードを持っておくと思わぬところで役立つことがあります。
現金を紛失してもカードがあれば、商品・サービスを購入できてしまいます。
カードを解約してから、「やっぱり持っておけばよかった」と後悔される方は多いのです。