クレジットカードの解約ではここに注意






クレジットカードの解約における注意点

クレジットカードの解約目的で多いのは、カードをほとんど使わない、カード枚数が多いので処分したい、もっといいカードが見つかった、などでしょう。
しばらくカードを使用したあとの解約ならいつでもOKです。

注意したいのは、カード契約をした直後の解約でしょう。
カードを1年くらい使用して解約するのは問題ありません。
年会費1年目無料のカードは、お試し期間として無料期間を設定しているのです。
そのため、1年使ってみて使い勝手が悪いと感じたら解約するのは問題ありません。
ただし、契約して数日後に解約するなど、意図的な解約は避けるべきでしょう。
キャンペーンやプレゼントなどを目的として契約して、それらをもらったあとにすぐ解約するのはダメです。
業者がこれらの特典を用意するのは顧客獲得のためであり、契約後にすぐに解約されるのを嫌がります。
解約はできるかもしれませんが、同じ会社でクレジットカードやローン契約をするような機会があれば、即座に断られてしまうでしょう。

解約において注意したいのは、解約後の再契約をするような状況が考慮されるなら、解約を避けたほうがいいことです。
解約して1ヶ月もしないうちに、「やっぱり解約しなければよかった」と言われる方は少なくありません。
せっかく審査に通過して所有したカードですから、特別な理由なしに解約するのはもったいないです。
特に最近はクレジットカードの審査が厳しい傾向にあるため、勢いで解約してしまうのは避けてください。