クレジットカードで現金化は、危険!?






クレジットカードで現金化は、危険!?

キャッシュレスでスマートなショッピングができるクレジットカードは、インターネットショッピングにより更に身近な存在となりました。

クレジットを利用すれば会計時の購入代金を立て替えて払ってくれるため、その場で現金を支払うことなく商品を受け取ることができます。
クレジットカードにはキャッシング機能も付帯しており、それは限度額内の金額であれば現金を融資してくれるもの。
クレジットカードではクレジットとキャッシングそれぞれに利用限度額が設定されていることが多いため、例えばキャッシングを満額利用していても、ショッピングでクレジットを利用することはできるのです。

その機能を悪用した「クレジットカードの現金化」が一部で横行しています。
クレジットカードの現金化とは、通常のショッピングと同じようにクレジットの支払いで商品を購入し、その商品を購入代金の一定割合で買い取ってくれるところへ持ち込んで現金に換えるという方法です。
使わなくなった物を売りに出して現金に換えるのとは異なり、ショッピング用に設定されている利用可能枠を最初から換金目的で利用するために商品を購入しています。

通常クレジットは、商品の購入代金をクレジット会社から直接販売元へ支払い、翌月以降にカード名義人から代金を徴収するため、利用者に現金が渡ることはありません。
しかし現金化では購入した商品を買い取ってもらって現金に換えるため、利用者はその場で現金を手にすることができるのです。
キャッシングの機能を満額利用していてこれ以上現金を借入れることができないひとなどが、現金化を行っていることが多いようです。

このような現金化は、古物営業法に基づいて買取りを行っている古物商であれば違法ではないとする意見がある一方、故意であれば貸金業に該当するため違法とする意見もあり、過去には出資法違反で逮捕者が出たこともあります。
また、インターネットや雑誌などの広告で「キャッシング枠を現金化します」などと謳う広告を目にしたことがあると思いますが、このようなところには闇金融レベルの法外な利息を請求するところもあるため、注意が必要です。

なお、クレジットカード会社では換金目的のキャッシング利用を禁止しており、利用が発覚した際には残金の一括請求やカードの利用停止、強制退会などの重いペナルティを課せられることになります。
そうなれば更なる債務を背負うことになってしまいますよね。
また、犯罪などに巻き込まれるケースもあるため、現金が必要なときには消費者金融などの安全に融資が受けられるところの利用をオススメします。