クレジットカードの利用限度額を上げるには






クレジットカードの利用限度額を上げるには

ふだんの買い物のみならず、インターネットでのオンラインショッピングや公共料金の支払いなどにも使えるクレジットカード。
便利なうえポイントも還元され、日常的に使用しているひとも増えてきています。

しかしクレジットカードには「利用限度額」が設定されており、使える金額に制限があります。
この利用限度額は申込み時の審査を通して決められ、その金額の範囲内であれば自由にショッピングで利用できます。
逆に、利用限度額いっぱいまでショッピングをしたら、それ以降は返済するまでカードは使えません。

利用限度額は勤め先や勤続年数、年収などの就労状況や、他社のクレジット会社や消費者金融などの利用履歴などから総合的に判断されて決められます。
クレジットカードではクレジットカード会社が購入代金を先に支払い、後になって利用者から返済してもらうため、「返済できる能力があるか?」「返済する意思があるか?」など信用が大前提となります。
そのため審査で返済能力や返済資質を確認し、信用に相当する額の限度額を設定します。

延滞などなくきちんと返済を続けて利用実績がつくと、クレジットカード会社からの信頼が上がり利用限度額を上げることができます。
そのためには日常的にクレジットカードを利用するようにして、遅れることなく返済をして利用実績を上げるのが近道。
クレジットカード会社は適正に利用しているか使い方も重視しているので、信用の得られる使い道も大切です。
また、転職などで大手企業に勤めることになった場合、会社の信用度も高いため限度額に影響することもあります。

信用が上がることでクレジットカード会社側から限度額引き上げの連絡が来ることもありますが、公式ホームページの会員専用サイトや、クレジットカード会社への電話連絡などで申請することもできます。
申請をしたからといって必ず上がるわけではないのですが、希望する場合は一度問い合わせてみるといいかもしれません。
しかし、限度額が上がるペースはゆるやかで、一度に3倍、4倍の額になることはありません。
大きな限度額に引き上げたい場合は、はやくても1年おきくらいのペースで適度に上げていくようにしましょう。

海外旅行ではクレジットカードを利用する機会も多く、あまり低い限度額ではせっかくの旅行も楽しさが半減してしまいますよね。
そんなときは一時的に利用限度額を引き上げてもらうこともできるので、問い合わせてみることをオススメします。