クレジットカードの引き落とし日に残高不足






クレジットカードの引き落とし日に残高不足

クレジットカードを使ってショッピングやサービスを受けた場合、その購入金額は翌月以降にあらかじめ指定している銀行口座から引き落とされるかたちで返済していきます。
そのとき、うっかり入金を忘れていたり、急な出費や予想以上の引き落とし額だったりで口座残高が足りなかった場合は、どうなってしまうのでしょうか?

口座から利用額を引き落とす際に口座残高が不足していた場合、クレジットカード会社は引き落とすことができません。
引き落とし日に引落としができない場合は返済が遅れているとみなされ、「延滞」という扱いになります。
延滞はクレジットカード会社の内部情報データに登録され、5年ほどは履歴として残ってしまいます。
延滞が確認されると、メールや電話などで引落としができない事の連絡がきて、すぐに入金するよう督促されます。
クレジットを使用するには信用が大切なので、できるだけ早く返済し、延滞日数を少なくすることをオススメします。
また、カード会社によっては返済の確認が取れるまでカードの利用ができないところもあるため、引き落とし日の前には残高を確認しておきましょう。

督促後にも返済の確認が取れなかった場合は定期的に督促がきますが、2ヶ月ほどを過ぎるとブラックリストといわれる信用情報に登録されてしまいます。
ブラックリストに登録されるとほかのクレジットカードや消費者金融のキャッシング、住宅や自動車のローンを利用したい際に影響して借りることができなくなってしまいます。
当然クレジットカードの利用は停止され、場合によっては強制解約されてしまうこともあります。
さいしょの引き落とし日に引き落とせず、再引き落し日での支払いを繰り返している場合も信用を失う恐れがあるので注意が必要です。
また、返済日を守れないと延滞日数に応じて延滞金も発生するので、給料振込みの口座を引き落とし口座に指定するなど延滞にならない工夫をすることも一手です。

しかし、どんなに支払う気持ちがあってもお金がなければ返済することができません。
だからといって支払わなくていいわけがありません。
どうしても工面できないときは即日で融資してくれる消費者金融のキャッシングなどを利用して、できるだけ延滞のないように返済しましょう。