クレジットカードの暗証番号は忘れない工夫を






クレジットカードの暗証番号は忘れない工夫を

クレジットカードを発行する際に、4桁の暗証番号を登録します。
この番号はクレジットカードを使ってショッピングなどをするときや登録情報の変更を行うときに本人確認をするためで、不正利用を防止する役割があります。
最近ではICチップが内蔵されたクレジットカードが普及しているため、お会計時にサインではなく暗証番号の入力を求められることも多くなっています。
規定回数を超えて間違えるとロックが掛けられて使用できなくなるので、忘れないように注意が必要。

防犯の意味合いからも、暗証番号を登録するときは誕生日や車のプレートナンバーなど分かりやすい数字は避け、第三者に分かりづらく自分が覚えやすい番号にしましょう。
最近では推測されやすい番号は登録の際に拒否されることもありますが、もしそのような番号で登録をしていた場合、盗難保険の適用外になることもあり、悪用されたときに被害総額を全て自己負担しなければならないケースもあります。
だからといって分かりづらい番号にして忘れてしまっては使用できませんし、カードの裏などにメモしておくなんてもってのほか。
恋人や家族にまつわる数字、数字の配列から覚えやすい並び、好きな言葉の語呂合わせなど推測しづらく覚えやすい番号を設定しましょう。
また、暗証番号が分かればかんたんに利用できてしまうため、例え家族や警察を名乗るひとであっても決して番号は教えず、自分でしっかり管理しておきましょう。
長年同じ暗証番号で利用している場合も、定期的に変更することをオススメします。

万が一暗証番号を忘れてしまった場合は、クレジットカード会社のカスタマーサービス窓口などに本人が電話で連絡を入れ、後日郵送で照会結果を送ってもらうことができます。
クレジットカード会社によっては、オンラインで確認できたり、新しい暗証番号でカードを再発行したりする場合もあるので、手持ちのカード会社で確認してみましょう。
最近ではクレジットカード以外にもあらゆるところで暗証番号やパスワードを設定する機会が増え、ひとりでいくつもの暗証番号を所持しているために、暗証番号忘れによる問い合わせも増えているようです。
しかし暗証番号が分かるまでの数日間はカードが使えず不便を強いられるので、忘れないように気をつけておきたいですね。
なお、暗証番号を変更したいときも、カスタマーサービス窓口などで変更手続きを行うことができます。